MENU

一度任意整理をすると、その後二度と任意整理はできないのか?

借金を任意整理によって解決した後の借金 

一度借金をして苦しんだ方であれば、同じ苦しみを味あわないようにするため、なるべく借金をしないように努力するでしょう。
しかし、景気が回復しないと、どうにも収入が増えず借金をしないと生活がままならないという方もいないわけではありません。

一度はキレイに借金を整理できたものの、その後仕事がなかなか見つからずに、結局同じ借金という道を選んでしまう方もいます。
 確かに景気が回復してくれないと、根本的な解決にはならないので、借金に苦しむ人の数もなかなか減ってはいかないでしょう。

実際、比較的大きな企業は景気の回復を感じやすいものの、中小企業によってはボーナスの支給もできず、
月々の給料の支払も滞っているというところも少なくありません。

そのような企業で働いているのであれば、当然生活はなかなか安定せず、給料だけで生活を行なうのは難しくなってしまいます。
そのためもう一度借金に手を出してしまう方がいるのも分からないことではありません。

任意整理を一度すると記録が残る

任意整理と、自己破産や個人再生という方法とは似ていますが、借金の減額もしくは免除までのプロセスが異なっています。
自己破産や個人再生という方法は裁判所が間に入っていなければ行なうことができません。

それに対して任意整理とは、裁判所を通す必要がありませんので、スピーディに借金を整理できるというわけです。
弁護士や司法書士が、自分に変わって債権者と交渉を行い、返済しなければならない金額を道理にかなった範囲での返済額へと変更するというわけです。

確かにプロセスは異なっていますが、借金という意味では同じになります。
本来返すべきであった返済額が法律上の方法ではあるものの、
返済額を変えて返済を行なった、もしくは返済を免除してもらったというわけです。

こうした過去の借金の情報というものは、信用情報機関という場所に一定の期間残ることになります。 

今後、カードローンを組む時には銀行であれ、消費者金融であれ、この信用情報機関に残る情報を参考にしてお金を貸すかどうかを決定しますので、今後お金を借りるのは難しくなるでしょう。

そうなると、再び生活に困った方は違法な年利を設定しているヤミ金融から借金をするようになり、もう一度借金のある生活になり、また返済ができなくなります。

では、このようになってからもう一度任意整理をすることができるのでしょうか?

一度任意整理をしても、その後もう一度任意整理は可能

以前に任意整理をした事があったとしても、その後の借金に関してもう一度任意整理を行なうことはできます。
任意整理は一度しか使用できないとは規定されてはいません。

ですから、年利についての法律をしっかり守らないような業者からお金を借りて借金を増やすのではなく、2回目の任意整理を行なうようにしましょう。

確かに一度任意整理を行っている場合、業者の方も「また任意整理か」ということで、
任意整理の交渉になかなか応じないということもあります。

自分としても、同じことを繰り返してしまったという気持ちになるかもしれませんが、任意整理はれっきとした法的な手段になりますので、弁護士や司法書士に依頼して早めに任意整理をしてもらうようにしましょう。

長い人生の中で何度かの失敗はあるものです。

大切なのは、こうした失敗から学んで、その後繰り返さないようにすることです。

少しの恥ずかしさで任意整理を遅くしてしまい生活全体が借金で一杯になってしまうよりも、普通の幸せを感じられる新しい生活を始めるために、専門家の力に頼るようにしましょう。

任意整理には回数制限のようなものはありませんので、やり直すコツは少しでも早く行動を起こすことです。

このページの先頭へ