MENU

なかなか治らない乱費癖と借金癖

借金と乱費癖は関係が深い

楽をすることを知ってしまった人は、その後も同じように楽な道に逃げるようになってしまうものです。
それまでは一所懸命仕事をしてお金を稼いでいたものの、借金をすることで簡単に現金が手に入ってしまうことを味わってしまうとそこから抜け出せなくなる方も少なくありません。

ですから借金を「病気」に例える人もいます。
一度病気になるとなかなか治らない上に、
専門家による治療が必要になるのと同じように、借金癖を治すには多くの時間や治すための助けが必要になります。

しかし借金をした全ての人が、返済できていないというわけではないというのも事実です。

通常であれば借りた現金は、きちんと返すことができるものです。
言葉を変えるなら、普通の人は返済できる額しか借金をしないとも言えるでしょう。

つまり返済ができる人は、きちんと計画通りにお金を借りているので返済中は生活を切り詰めるなどをして完済するわけです。
もちろん予想もできない事が連続して生じたために借金を繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

しかし借金の返済ができないうちにまた借金をする人には計画性が足りず、往々にして乱費癖があるものです。
ですから借金を繰り返す人に理由を聞くと
「欲しい物があったから」「ついつい衝動を抑えきれなくて…」というような返答をします。

反省しないわけではありませんが、直ぐに忘れてしまうわけです。
ではどのように借金癖や乱費癖を治すことができるでしょうか?

自分の借金癖と乱費癖を治す

すでに借金癖と乱費癖が発生しているのであれば、治すためには並大抵の努力では無理です。
もちろん自分の力だけでは克服することはできないと考えた方が良いです。

すでにいろいろな努力をしたものの返済が全然進んでいない場合には、自分でなんとかできるレベルを超えています。
すぐに専門家、つまり弁護士や司法書士に相談をして債務整理をしてもらうようにしましょう。

債務整理には幾つか種類があり、借金返済の額を減らしてもらう方法や、返済自体をなくしてもらう自己破産などの処理方法があります。
自分では判断ができないものなので専門家に相談して相応しい方法を選択してもらいましょう。

もちろん債務整理をしてしまうと信用情報に履歴が残ってしまいますので、今後の生活では借金すること自体ができなくなります。
また、クレジットカードなどの発行も難しいでしょう。

しかし借金癖や乱費癖がついてしまっているのであれば、荒療治にはなりますがこうした方法も有効です。
少なくとも今後は借金自体ができなくなりますので、負の連鎖からは抜け出すことができます。
しかし違法な消費者金融会社であればお金を貸してくれるところもありますので、こうした所からは絶対にお金を借りてはいけません。

周りの人の借金癖や乱費癖

周りに借金癖がついてしまっている友人やお知り合いはいらっしゃるでしょうか?
こうした方のいる環境には、周囲にお金を貸してくれる友人たちがいるという特徴があります。

つまり借金ができるような環境があるということです。
本人の意識を変えるのは非常に難しいものなので、まずは周りが絶対にお金を貸さないように決意することが重要です。

借金をする人は次のように言うことがありますが、決して負けてはなりません。
「今日食事をするためのお金もないからちょっとだけ貸して、ほんのちょっとでいいから!」
「お金がないと明日には死んじゃう」
「今回だけで良いから、これで最後にするから」

借金をする人は口癖のようにこのような発言をします。
実際にこのように言われて借金をせがまれたことがあるのではないでしょうか?
優しい人ほどこうしたコメントを聞くと可哀想になってしまうかもしれません。
しかし一時的にお金を貸すことは、借金癖を治すことにはなりませんので「本当の優しさ」ではありません。

本人の事を本当に考えているのであれば、お金を貸さないことが本当の親切です。
本当に食べることもできないのであれば、お金を貸すのではなく時々食事を一緒に食べてあげることができます。

お金を貸してくれる友人がいないという環境に身をおくことで、
借金癖や乱費癖を治すスタートラインに立つことができるわけです。
仮に消費者金融などから借金をしていて返済が難しいのであれば、
一緒に司法書士事務所や弁護士事務所に行ってあげることもできます。

いずれにしても借金癖や乱費癖というのは一朝一夕で治るようなものではありませんので、
強い決意と専門家の援助を受ける必要があります。
とはいえ適切な治療を受ければ大病も治るように、借金癖や乱費癖も治すことはできますので決して諦めないようにしましょう。

このページの先頭へ