MENU

借金を隠したままでも結婚は可能か?

日本は先進国の中でも晩婚化が進んでいる国です。
男性の平均結婚年齢はすでに30才を軽く超えており、女性の結婚平均年齢ももうすぐ30才を超えそうな勢いです。
このように晩婚化が進むことで、結婚相手をより慎重に選ぶという傾向が顕著になってきています。

年齢と共に変化する結婚相手への要望

若いうちに結婚する方の結婚相手への要求は意外と高くありません。
「一緒にいてくれるだけで十分」
「この人と一緒であればどこででも生きていける」
20代前半で結婚をする場合にはこのような考えの方もいらっしゃいますが、晩婚の場合はそのようにはいかない事がしばしばです。
年齢を重ねるごとに結婚相手への要求は高くなる傾向があります。

20代後半から30代になると女性も給料が上がり、
比較的豊かな生活を送れるようになっていますので、経済感覚も20代の頃とは異なっています。

そのためお付き合いをする相手や結婚相手には、自分の経済感覚と同じものを求めるのは当然の事です。
このような女性が増えている以上、相手の年収を求めるのは自然の流れと言えます。
実際、結婚相談所で伝える条件の中には、ほとんどの場合年収が含まれていますので、

収入がどれくらいあるのかということは結婚と直接関係してきます。
しかし収入というのは単純に年収で計れるものではありません。
例えば600万円の年収があったとしても、借金が400万円あったとしたらどのように感じますか?
おそらく一緒になりたいとは感じられなくなるでしょう。

■結婚はしたいものの借金がある人の悩み

結婚は人生の中でも非常に重要な出来事です。
自分の人生だけではなく、結婚相手の人生も大きく変えることになりますし、相手の家族にも大きな影響を与えることになります。
だからこそ、借金があるために結婚に対し積極的になれない方も多くいらっしゃいます。
どのような悩みを抱えているのでしょうか?

「結婚したい相手がいるけれど、相手が自分の借金の事を知ったら結婚はできないのではないか」
「自分の借金が結婚後の生活に悪影響を与えてしまうのではないか」
「結婚後に子供が生まれたとしたら、子供の教育費や生活費が必要になり、さらに将来のために貯蓄も必要になるのに、借金の返済を続けることができるのか」

こうした悩みを持ったまま結婚に踏み切れない方もいらっしゃるようです。
結婚相手に秘密は作りたくないものの、借金が相手に知られてしまうなら
結婚自体がダメになってしまうのではないかと心配になるのは理解できます。

結婚相手に借金を知られないまま結婚はできるのか?

結婚相手に借金の事を知られずに結婚することはできます。
但しそのためにはこれまで返済を滞ることなく続けている事、
結婚後も返済が順調に行なわれる事が条件になります。

加えて借金の返済に関する明細票などを自分で適切に管理する必要もあります。
こうした条件下での借金であれば、結婚の際に借金の事を隠したままでも結婚はできるでしょう。

では、結婚する前から借金の返済が上手くいっていないという場合はどうでしょか?
この場合には、借金を隠したまま結婚はできないと諦めるべきでしょう。

結婚した後になって急に返済が順調になるわけはなく、
督促などが来ますので間違いなく返済の書類を相手に見られてしまいます。

最悪の場合には、返済に関する電話が相手にいってしまうことも考えられます。
さらに住宅ローンなどにも影響が出てきますので、マイホームの購入時などに必ず大きなトラブルになります。

このような自体になった場合は結婚関係を維持していくのは難しいでしょう。
仮に相手が自分に多額の借金を隠したまま結婚していたとしたらどう感じますか?
すでに大きな秘密を隠していた人を心から信頼することができるでしょうか?

おそらく無理でしょう。
ですから借金の額が大きい場合や返済が滞っている場合には、結婚前にきちんと整理をしておきましょう。

債務整理

仮に借金の額が大きいのであれば、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行なうことも一つの方法です。
債務整理とは法律に則って債務つまり借金を減額する、もしくは返済不要にするということです。

そのため債務整理後にはクレジットカードを作ることはできませんし、再び借金をすることはできなくなります。
しかし借金の無い状態になりますので、新たなスタートをきることはできるようになります。

とはいえ借金の返済に関して解決できたとしても、
債務返済ができなかった人として信用情報上には記録が残ってしまうので、住宅ローンなどには影響が出てきてしまいます。
ですから債務整理ができたとしても、結婚相手にはこれまでの借金について正直に話す方が親切でしょう。


このページの先頭へ